検索&
商品カテゴリー
0
¥0

現在カート内に商品はございません。

48件の商品が見つかりました
カートに追加しました。
カートへ進む
睡眠健康の改善に睡眠薬をどう役立てるか
睡眠健康を害して日常生活に支障をきたしてしまっている人が増えていると言われています。ストレス社会などとも言われ、わたしたち現代人は思うように睡眠を取れない環境にさらされているのかもしれません。

睡眠健康を害してしまうとベッドに入って眠ろうとしてもなかなか寝付けない、寝たつもりなのに朝起きた時に疲れが取れない、日中に強い眠気に襲われるといった問題を抱えてしまいます。これらはいずれも学業や仕事の能率を低下させ、日常生活全般のパフォーマンスを低下させる要因となります。

こうした睡眠環境が乱れた状態が3ヶ月以上続いた場合に「不眠症」と診断され、治療などの対策が必要になると見なされます。ですからそうなる前になんとかすることと、不眠症になってしまったときにどうやって改善するかが重要になってくるわけです。

そんな睡眠健康の改善の選択肢として思い浮かぶのが睡眠薬です。思うように眠れないなら薬の力を借りて眠ればいいじゃないか、と考えるのもごく自然な発想というものでしょう。しかしその一方で「睡眠薬は怖い」というイメージも根強く残っています。

どんな薬でも適切に使用しなければ害をもたらす恐れが出てきますから、その意味では「薬はみんな怖い」わけです。しかし健康のためには薬が必要なケースもあるわけですから、大事なのは「薬は怖いかどうか」ではなく、「賢く有効に利用できるか」にあります。睡眠薬でも同様で、いかに睡眠健康の改善に有効かつ効果的に活用していけるかを意識することが大事になってくるでしょう。

まず知っておく必要があるのは睡眠薬の種類です。睡眠薬にはいくつかの種類があり、大きく分けると4つのタイプに分類することができます。まずかつて広く用いられていた「ベンゾジアゼピン系」、それから「非ベンゾジアゼピン系」「メラトニン受容体作動薬」「オレキシン受容体拮抗薬」です。この3つは副作用のリスクが少ないなど安全性の面で優れており、現在広く活用されています。

根強く残っている「睡眠薬は怖い」というイメージはおもにベンゾジアゼピン系、それもかなり古い時代に使われていたタイプの薬がもたらしたものでしょう。何しろこのタイプは日本では50年くらい前から使用されており、昔のイメージから語られることが多いのです。しかし現在では技術の進歩もあり、安全性も大幅に向上しています。

なお、ベンゾジアゼピン系の睡眠薬は脳の神経の活動全般を抑制することで眠りをもたらす作用を持っています。それに対して非ベンゾジアゼピン系は筋肉を緩めることによって眠りをもたらす効果があり、メラトニン受容体作動薬はメラトニンという体内時計の調整を司るホルモンの働きを促すことで睡眠環境を調節する効果を持っています。ですからこのメラトニン受容体作動薬は不規則な生活環境などで睡眠サイクルが乱れてしまっている方にとくに高い効果が期待できます。そしてもうひとつのオレキシン受容体拮抗薬はオレキシンと呼ばれる目覚めを促す働きを持つホルモンの働きを阻害することで眠りを促す効果を備えています。こちらは日本で導入されたのが2014年と新しく、注目の選択肢ともなっています。

こうした睡眠薬の種類のなかから自分に合ったものを選んで服用することがまずポイントとなってくるわけです。そのうえで睡眠薬に頼り切らず、何が不眠の原因になっているのかを見極めたうえでその改善にも取り組んでいくことが求められます。

最終的な目標は睡眠障害を改善し、睡眠薬の力を借りなくても健全な睡眠を確保できる睡眠健康を手に入れることです。そのためにも原因を改善し、少しずつ睡眠薬に頼る頻度を減らしながら睡眠健康を取り戻していく環境づくりが欠かせません。

そうなると睡眠薬と日頃の対策をどううまく組み合わせてくかが問われます。例えばうつ病をはじめとした心の病が原因で不眠症に陥ってしまっている場合には睡眠薬だけでは十分な改善効果が期待できないかもしれません。精神安定剤の一環として睡眠薬が役立つこともありますが、不安や緊張にさらされてなかなか眠れない、日中に激しい眠気に襲われるといった方は抗不安薬や抗うつ薬といった薬の使用も検討するべきでしょう。

あるいは睡眠時無呼吸症候群が原因で睡眠健康が害されているケースも見られます。これは睡眠中に一時的に無呼吸状態に陥るもので、安眠ができずに疲労を解消できないだけにとどまらず、血糖値・血圧の上昇など健康全般に大きな影響を及ぼします。これは肥満や鼻・喉の疾患などの原因で気道がふさがりやすくなることで生じますから、睡眠薬だけでの対策では十分な効果が期待できません。

ほかにも運動不足や不規則な生活環境、とりわけ睡眠前の食事や飲酒、パソコンやゲームなどが悪影響を及ぼしている可能性があります。こうした原因に合わせた対策方法をしっかりとりつつ、睡眠薬の効果をできるだけ高める工夫をするよう心がけましょう。

そんな睡眠薬は個人輸入代行業者を利用することで手軽に海外製の製品を購入することができます。78ショッピングのような業者ではさまざまな睡眠薬が扱われているほか、手頃な価格で購入できるジェネリック製品もあるので便利です。

カテゴリ一覧

ページトップへ
ラシックス通販&個人輸入・78ショッピング のご利用について

◎ラシックス・インデラル最安値

当社は会員制になります。
不特定多数に未承認薬を公開する事は日本の薬機法により禁じられています。
当社では日本の法律を順守し、ご利用頂けるお客様へ、商品のご紹介をさせて頂いております。

当社の商品をご覧いただくには 会員登録 (メールアドレス) をお願いいたします。

既に会員のお客様は、ログイン下さい。