検索&
商品カテゴリー
0
¥0

現在カート内に商品はございません。

6件の商品が見つかりました
カートに追加しました。
カートへ進む
集中力を高めたいときにできることは?ピラセタムも選択肢!
集中したいときに集中できるかどうかは、普段の生活習慣や食生活によって大きく変わります。集中したくてもできない人もいれば、ぐっと集中することで作業効率をマックスにできる人もいます。普段の生活の中でどんな点に注意をすれば、集中したいときにぐっと集中できる脳内環境へと近づけるのでしょうか?

1つ目におすすめの方法は、睡眠を見直すというものです。睡眠時間は毎日7時間
から8時間程度確保することは、脳の疲れをリフレッシュするという点では、とても大切です。しかし、長く寝ればそれだけでOKというわけでもありません。睡眠は、時間も大切ですが質も大切です。眠りが浅くてわずかな音に反応したり、深夜や早朝に目が覚めてから眠れなくなってしまうのでは、脳にとってはマイナスの影響となってしまいます。そのため、睡眠は、時間と質の両方を高める必要があるでしょう。

それだけではありません。集中力という点においては、朝できるだけすっきり目覚めることも必要です。そのためには、睡眠時間は90分の倍数にすると良いでしょう。私たちの脳は、眠っている間にレム睡眠とノンレム睡眠を90分のサイクルで繰り返しています。そのため、この区切りが良い所で目覚めると、朝の目覚めがすっきりしてくれます。

2つ目におすすめの方法は、仮眠をとるという方法です。仮眠は夜の睡眠とは違い、何時間も寝る必要はありません。10分から20分程度でも十分に脳を休めてリフレッシュできます。もしもランチタイムに仮眠をとるなら、椅子に座ってもたれかかるような状態で、10分程度目を閉じてください。熟睡しなくても、目を閉じるだけで脳の疲れをある程度いやせます。

3つ目におすすめの方法は、瞑想です。瞑想とは、心の中のもやもやを無にすることによって自分自身を見つめなおせるというもので、脳と体をリラックスできると同時に集中力が高まるというメリットも期待できます。基本的にはどのタイミングで瞑想してもOKなのですが、朝起きたばかりや寝る前に行うと、そのまま寝てしまうかもしれません。この点は注意したほうが良いでしょう。

集中力を高めるために瞑想する際には、胡坐を組んで行ってもよいですし、ゆったりと椅子に座って全身をリラックスした状態で行うのもおすすめです。

4つ目の方法には、普段から適度な運動をするというものがあります。ハードな筋トレを習慣にする必要はありません。ヨガなどのストレッチ系エクササイズでもよいですし、できるだけ歩くように心がけるという程度でもOKです。運動を日常生活の中に取り入れることで、代謝をアップしたり血行もよくなります。脳にも十分な栄養成分と酸素が届きやすくなり、集中力が高まります。

5つ目の方法には、食生活を見直すというものがあります。疲労やストレスによって発生する活性酸素を分解してくれる抗酸化系成分を積極的にいただくようにしたり、糖質や脂質はできるだけ控えることで、脳が機能しやすい環境を維持できます。

6つ目の方法は、タスクを細分化するというものです。脳の集中力は、1回当たり15分程度しか持続できません。そのため、作業内容を15分程度で終了するものに細かく細分化したうえで、集中してタスクをこなし、少し休憩した後で次のタスクに集中して取り組むという方法がおすすめです。

7つ目の方法は、環境を整えるという点です。集中している時に気が散る要因があると、どうしても集中した状態を持続することは難しいでしょう。例えば人に話しかけられたり、周囲を人が行き来していると、どうしても気が散ってしまいます。可能な範囲で集中できる環境に身を置くことで、集中力を持続しやすくなります。例えば、集中している間は電話が鳴らないようにミュートにしておくとか、イヤープラグを使って外部の音をシャットアウトしたり、壁に向いて作業することによって、視界に気が散る要因が入り込まないような工夫もアリです。

8つ目の方法は、タイマーを使うという方法です。作業をする時間をあらかじめ決めてタイマーをセットしておけば、時間を気にする必要なく作業だけに集中できるでしょう。脳が一つのことに集中したいときには、できるだけその他の部分を排除することが効果的です。

9つ目の方法は、ピラセタムのようなスマートドラッグを使うという方法です。スマートドラッグは、一時的に集中力を高めてくれる作用があるほか、作業効率を阻害する緊張やストレスなどを軽減することができます。海外からの個人輸入代行サイトを利用すれば、たくさんの選択肢の中からニーズに合わせてぴったりのスマートドラッグを選べるでしょう。

上記の方法は、一つだけトライするのではなく、どれも並行してトライできるものばかりです。今すぐに始められるものが多いですし、コストもかかりません。つまり、日常生活の中でポイントを押さえて工夫すれば、集中力をこれまで以上に持続することが可能となります。
モチベーションに頼らない習慣化の方法とそれに役立つピラセタム
勉強や仕事のやる気がなかなか起きないという方は少なくないでしょう。やる気とはモチベーションとも言い換えることができますが、モチベーションアップの方法についてはネット上にいろいろあります。ただ、ここではモチベーションに頼らずに、勉強や仕事を続けるための方法をお伝えしましょう。

やる気やモチベーションとは、要は感情のことです。何かをやりたいという感情が高まった時が、やる気のある状態、モチベーションの高い状態と言えるでしょう。モチベーションに頼るとは、このような感情に頼るということです。とすれば、やらなければならないけれど本心ではやりたくないと思っていることに対して、モチベーションが高まらないのも不思議ではありません。

やる気やモチベーションは感情ですので、いつも一定ではありません。人にはうれしい時も悲しい時もありますが、その感情がずっと続くわけではないことはおわかりでしょう。もし悲しい感情がずっと続くようなら心の病を疑うべきです。うれしい感情も長続きはしません。どんなにうれしいと思う気持ちでも、時間が経つうちに薄れていきます。これと同じく、モチベーションも高くなる時があるとともに、その高い状態がずっと続くわけではないことに注意してください。

つまり、「モチベーションを高くすることで、勉強や仕事の生産性をアップさせよう」と考えること自体間違いだということです。一時的にモチベーションを高めることはできますが、疲れたりなどすれば下がってしまいます。波と同じく寄せては返すもので、とても不安定です。瞬間的なことならそれでも力にはなりますが、勉強や仕事など長期間の努力の結果が問われることに対しては、モチベーションはあまり当てにならないことがご理解いただけるでしょう。

といっても、モチベーションが低いよりも高い状態での方が、勉強や仕事が捗ると思うのではないでしょうか。これもその限りとは言えません。そもそも「モチベーション=生産性」ではないため、高いモチベーションを持って何かを始めたとしても、うまくいかないことにぶつかることはあります。うまくいかなければモチベーションが下がるため、モチベーションに頼ったやり方では、その瞬間に作業自体をストップしてしまうことになってしまうでしょう。

モチベーションが高い時は何でもできる気になってしまいます。それは良いことのように見えて、実は危険な状態です。細心の注意を払ってやるべきことに対して、注意がおろそかになってしまうことがあります。何でもできるような気になって始めたところで、人間の能力には限界があるため、注意力が散漫になっている分、生産性はかえって落ちることになるでしょう。

先ほども少し触れましたが、モチベーションで解決できるのは短期的な課題だけです。長期的な目標を掲げるのであれば、モチベーションという不安定な感情を当てにするのは得策とはいえません。

長期的な目標を達成するには、数か月や数年単位の長期計画を立てる必要があることは言うまでもありません。モチベーションを当てにするということは、この計画にモチベーションの高低も組み込むということです。しかし、前もって「○月×日はモチベーションが低いので休日」とは決められません。結果として、モチベーションの高い時に全部できるような気になって無茶な計画を作り、いざ当日になってみると「モチベーションが下がったのでやらない」ということになってしまう恐れがあるのです。

では、どうすればよいのかですが、やる気やモチベーションといった感情に頼らず、やるべきことを淡々と続けられるような仕組みを作ることです。簡単にいえば、やるべきことを毎日の習慣にしてしまいます。

よく挙げられる例ですが、ほとんどの人にとって歯磨きは毎日の習慣です。「歯が汚れたので歯を磨こう」と毎回意識しているわけではなく、「歯磨きの時間だから何も考える前に歯を磨いている」というのが大半ではないでしょうか。勉強や仕事に関しても、この歯磨きと同じように「時間が来たらやるもの」と習慣化してしまえばよいのです。

一度習慣になったものは簡単にやめられません。やらないと逆に気持ち悪くなるぐらいです。もちろん新しいことを習慣として根付かせるまでには努力が必要ですが、モチベーションという不安定な感情に左右されなくなるにはそれほどの時間は要しません。

あえて習慣化のコツを挙げるとすると、何事であれ習慣になってしまうまで休まず続けることです。たとえば毎朝起きてすぐ散歩に行くといったことでも、毎日休まず続けます。完全に習慣化するまでは休まないことが大切です。「雨だから休もう」と理由をつけて一度でも休むと、挫折してしまいやすくなるので注意してください。

もう一つ、習慣化するまでの短期間に役立つ方法にスマートドラッグがあります。やる気や意欲、記憶力を高める薬として知られているスマートドラッグですが、特にピラセタムは脳を活性化させるアイテムとして人気です。これを活用しつつ、習慣化したいことを習慣にすることができたら、あとは何も考えなくても続けられるようになります。
ピラセタムなどのスマートドラッグでパフォーマンスを向上させよう
勉強や仕事において思うように頭が働かない、集中力が続かないといったことはよくあります。そういった場合に便利に利用できるのがスマートドラッグです。スマートドラッグは脳の機能をサポートしてくれるもので、記憶力、判断力や理解力や論理力などの認知能力を高める成分を含んでいます。集中力を高めたい、仕事をそつなくこなしたいなど、パフォーマンスを上げるために利用できる薬です。脳のエネルギー源となる酸素の供給量や脳内神経伝達物質の量を増やす医薬品の他、脳内神経伝達物質の合成を助けてくれるビタミンCやアミノ酸などを主成分としたものなどがあります。

スマートドラッグの中でも最も代表的なものが、神経伝達物質を調整してくれるタイプです。人が考えたり記憶したり判断したりするには、セロトニン、ドーパミン、アセチルコリンなどの神経伝達物質が欠かせません。この分泌量には個人差があり、さらに時と場合によっても異なります。

集中力や記憶力、的確な判断力が求められる場合、これらの物質は早いうちに消費されてしまい、結果として記憶力や判断力、注意力が下がってしまうケースがよくあり、神経伝達物質を調整するスマートドラッグはそのような時にとても役に立ちます。脳内神経伝達物質のもととなるアセチルカルチニン、L‐ドーパといった成分を補うことで、不足している物質の分泌を促してくれます。長時間頭を酷使していると注意力が散漫になってしまう、そのせいで思考力が低下し、ミスが目立ってしまうという人は、こういったスマートドラッグを利用することで問題を改善していけるでしょう。

記憶や判断、何かを考えたりしなければいけない場面において不安や緊張が高まり、気分が沈んでしまったり、鬱っぽくなってしまったりするという人も、スマートドラッグを利用することで問題を解決できます。スマートドラッグの中には、精神安定剤や天然ハーブに含まれ、ストレスを和らげることで知られるアダプトゲンのような働きをしてくれるものがあります。服用することで心を落ち着かせてくれるため、精神が不安定になることが原因で起こる脳機能の低下を防ぐことができるでしょう。会議や発表、試験などの場面で不安、緊張してしまい、頭が思うように働かなくなる、本来できるはずのパフォーマンスを発揮できなくなってしまうという悩みを抱える人は、有意義に活用できるのではないでしょうか。

身体能力と同様に、脳機能も適切な量の栄養を摂取することで、より高パフォーマンスを発揮できるようになります。そのために便利に利用できるのが、脳への栄養や酸素供給を改善してくれるスマートドラッグです。クレアチンやアセチルカルニチンといった成分を含むスマートドラッグは脳に栄養供給を、ピラセタムやビンポセチンなどの成分を含むものは酸素供給をサポートしてくれます。脳は酸欠状態になると急激にその機能が衰えますから、脳の機能を高めるのに酸素の供給は不可欠と言えるでしょう。必要な酸素や栄養をしっかり脳に供給すれば、記憶力、集中力、判断力もグッと高まります。

集中力や頭の回転、スタミナを増強させる効果を持つスマートドラッグもあります。このタイプのスマートドラッグは多動性障害であるADHDの治療にも使用されるもので、すぐ集中が途切れてしまう、頭の中がすぐにごちゃごちゃしてしまうので整理したいといった人に特に役立ち、ピタセラムが特に有名です。カフェインやニコチン、またニセルゴリンといった成分を含んだスマートドラッグがこれに当たります。カフェインやニコチンはコーヒーやたばこに含まれる成分としても知られているため、親しみを感じやすいでしょう。ただし、これらの成分は依存性があると共に耐性もつきやすいため、利用する際は量が増えてしまわないように注意が必要です。

注意力が散漫になり、頭がぼんやりしてしまう人の場合には、ニセルゴリンという成分が含まれるスマートドラッグを利用するのが良いでしょう。こちらの薬は痴呆症の治療などにも利用されています。

ものを覚えるのが苦手な人におすすめなのは、記憶力を改善し、学習能力も向上させてくれるスマートドラッグです。ビタミンC、ローズマリーエキス、イチョウ葉、ホスファチジルセリンといった成分を含むスマートドラッグは、これらの成分が脳細胞を保護して記憶力を高め、脳内で記憶を司る海馬という部位の働きを支えてくれます。ホスファチジルセリンは海馬の働きを弱めるストレスホルモンであるコルチゾールが脳内で増加するのを防ぎ、ビタミンCは脳細胞の酸化による老化を防ぐ抗酸化作用があります。それぞれの成分の様々な働きにより、脳細胞を守って、記憶力が下がるのを防ぎます。

スマートドラッグは、薬の種類ごとに頭を整理するメカニズムが違います。神経伝達物質の供給量を増やすことで脳の力を維持したり、必要なエネルギーを供給することで脳を鎮めたりできれば、思考力や記憶力、判断力などのパフォーマンスを高められます。自分の悩みをよく見極め、適したものを選んで活用していきましょう。
仕事の効率が格段にアップするピラセタムってどんなスマートドラッグ?
ピラセタムとは、脳の機能を改善する作用を持つスマートドラッグです。1964年にベルギーで誕生した医薬成分で、精神機能や認知機能を改善する作用があることからヌートロピクスとも呼ばれています。日本ではそれほど知名度はないかもしれませんが、ヨーロッパでは個人の使用を目的とした購入が認められるなど、広く普及しています。

ピラセタムは医薬成分の名前ですが、ピラセタムという新薬の商品名にもなっています。既にジェネリック医薬品としてNootropill(ニュートロピル)が製造されており、長期間継続して服用するなら、よりリーズナブルに購入できるニュートロピルの方がおすすめです。

ピラセタムは、右脳と左脳の間で行われる情報伝達をより活発にする作用があります。その結果、記憶力が高まったり、学習能力や認知機能が高まるなど、たくさんの脳機能活性効果が期待できます。発想力も高めることができ、脳の機能を全体的にアップしたい人にはおすすめのスマートドラッグと言えるでしょう。脳をシャキッとしたい人達に人気があるだけでなく、脳卒中や失語症の改善のために使われたり、老人性の認知症を軽減するために医療目的で服用されることも多く、長期的な服用でも安全性が確認されています。

ピラセタムは、有効成分がどのぐらい配合されているかによって、複数の種類があります。どれも経口摂取でき、1錠が800mgとなっているものが一般的です。初めてピラセタムを服用する人なら、1錠を半分にして400mgから始めるのが安心かもしれません。副作用が出ないことを確認して、期待するほどの効果を得られなければ、服用量を増やして1錠にすると良いでしょう。

ピラセタムの服用は、少量を1日2回から3回ぐらいに分けて飲むのがおすすめです。こうすることによって、一日のどの時間にも脳の働きが良くなるという効能を得られます。

もしもピラセタムを過剰摂取した場合、副作用が出るリスクが高くなるため注意しなければいけません。よく起こる副作用には、頭痛や胃痛を始め、神経が興奮しすぎて眠れなくなったり、逆に耐えられないほどの眠気が襲ってくることもあります。初めてピラセタムを服用する際には、もしかしたら眠気という副作用が出る可能性もあるため、できれば車の運転などをしなくても良いタイミングを選ぶことをおすすめします。

ピラセタムのように、頭の回転をシャキッとしてくれるスマートドラッグは、他にもあります。しかしその中には、脳の働きを活性化するだけでなく、沈みがちな気分も上げてくれる作用があったり、神経を興奮させすぎて夜眠れなくなる可能性が高いものなどもあります。そうした気分の浮き沈みや神経の高ぶりというリスクを最小限に抑えながら、目の前の作業に対して脳を最大限に活性化したい人にとっては、ピラセタムを選ぶのがイチオシです。

ピラセタムを購入するには、海外からの個人輸入代行サイトを利用する方法がおすすめです。ネットショッピングのように自宅から簡単に購入できますし、誰にもバレる心配がありません。ピラセタムを取り扱っている海外個人輸入代行サイトはたくさんありますが、その中でもインドを拠点にして正規の医薬品輸出業者として認可を受けている、78ショッピングなら、安心ではないでしょうか。

78ショッピングは、日本人にとっては利用しやすいシステムとなっているのが特徴です。海外からの発送となりますが、一定利用金額以上の購入なら送料は無料になります。注文してから発送までにかかる日数が短いこともまた、大きな魅力と言えるでしょう。海外からの発送だと、到着までにどのぐらいの期間がかかるか心配な人は多いかもしれません。税関の込み具合などによってかかる日数は変わりますが、目安としては2週間前後というケースが多いです。
78ショッピングでピラセタムを購入することには、他にも大きなメリットがあります。それは、外箱から内容が分からないような梱包をしてくれるという点です。海外からの個人輸入においては、通関の際に中身が何かが分かるように記載しなければいけません。78ショッピングでは、ピラセタムとかニュートロピルといった商品名を記載するのではなく、サプリメントのように大まかな記載にしてくれます。そのため、留守中に配達されても、同居する家族にバレる心配がありませんし、マンションの管理人が預かってもスマートドラッグを購入しているとはバレません。誰にも知られることなくピラセタムを購入し、脳を活性化してハツラツとした毎日を送れることは、大きな魅力と言えるでしょう。

78ショッピでは、ピラセタム以外にも複数のスマートドラッグを取り扱っています。それぞれ有効成分が異なっていたり、同じ医薬品でも有効成分の配合量が異なります。そのため、商品を選ぶ際には自身のニーズや目的に合わせて賢く選ぶことをおすすめします。もしも同じスマートドラッグで有効成分の配合量が複数あるものは、最初は少ない用量からスタートして、効果が出なかった量を増やすという方法で調整すると良いでしょう。
海外で人気のスマートドラッグ・ピラセタムを紹介
脳機能の向上が期待できるスマートドラッグは世界中で注目を集めています。記憶力を向上させたい、脳機能をアップして作業効率性を高めたいと思っているなら要チェックです。スマートドラッグにはいろいろな種類がありますが、その中の一つに今回紹介するピラセタムがあります。ピラセタムとはミオカームという薬のジェネリック医薬品になります。こちらの薬はミオクローヌスの治療薬として開発されました。

ミオクローヌスとは自分の意思に関係なく体が動く不随意運動の一種です。そのほかにも加齢による脳の認知機能の低下であるアルツハイマー病に対しても効果が期待できるといいます。ピラセタムはさまざまなアプローチで、脳の機能を向上させていきます。具体的には脳内血流の向上、脳内神経伝達物質の濃度の上昇、ニューロンの働きの活性化などです。ニューロンとは神経細胞のことで脳の働きと密接な関係があります。

一方で健常な人が摂取すると、記憶力や注意力がアップするといわれています。1980年代後半になるとアメリカの学生の間で「頭のよくなる薬」として人気になりました。テスト前にピラセタムを服用することで暗記力や集中力を高められるといわれていたからです。アメリカではいまでも人気の薬で、ある調査によるとアメリカの大学生の7%、研究者に至っては20%がピラセタムを服用した経験があるというほどです。また頭を使うような仕事をしている社会人の間でも利用者は少なくないといわれています。ですから最初にブームになってから30年以上経過していますが、今なお根強い人気があります。

ピラセタムにはこのほかにもアセチルコリンの機能を高める働きがあると考えられています。アセチルコリンは脳内神経伝達物質の一種で、その中でも最も重要な成分といわれています。主だった役割は副交感神経の神経伝達物質です。副交感神経はリラックス効果が期待できます。例えば心臓にはアセチルコリン受容体があって、ここにアセチルコリンが結合すると心拍数が低くなり、血圧を低下させられます。

またアセチルコリンにはアルツハイマー病と密接に関係しているともいわれています。アセチルコリンの濃度が低下すると、アルツハイマー病を発症しやすくなるといわれています。このことはデータで分かっていることです。アルツハイマー病で亡くなった人の脳を解剖したところ、アセチルコリンの活性が低くなっていたといいます。またアルツハイマー病の治療薬の中にはコリンエステラーゼ阻害薬があります。コリンエステラーゼとはアセチルコリンを分解する働きのある酵素です。このコリンエステラーゼの働きを抑止することで、アルツハイマー病の症状を進行させないようにするわけです。脳の働きとアセチルコリンは密接に関係していることがわかるでしょう。ピラセタムにはこのアセチルコリンの機能を高めて、脳機能の向上を目指します。

ピラセタムを服用するのであれば、用量と用法を守ることが大事です。ピラセタムは基本的に1回1錠・1日3回服用がルールです。服用する際には水もしくはぬるま湯と一緒に飲み込みましょう。服用のタイミングについては特に決まりはありません。食事やアルコールによる影響はないと考えられているからです。しかし食後に服用するように心がければ、うっかり飲み忘れるような事態も回避できるでしょう。中にはより多く服用すれば、より強い効果が期待できると考える人もいるようです。しかしピラセタムはたくさん服用すれば、その分効果が高まるようなことはありません。逆に副作用が出るなど、マイナスの影響をもたらしかねないので用量と用法はきちんと守ってください。

ピラセタムは場合によっては副作用が現れる可能性があるので注意してください。主な副作用として下痢や嘔吐、食欲不振、眠気、肝機能障害などが挙げられます。もしピラセタムを服用してこのような症状が現れたようであれば、いったん服用は中断しましょう。そのうえでかかりつけの医師に相談して、引き続き服用しても差しさわりがないか助言をもらいましょう。また稀ではありますが、けいれんや白内障などの重大な症状を引き起こすこともないとは言い切れません。万が一このような症状が起きた際には、速やかに医師の診察を受けましょう。

ピラセタムは通販サイトからでも手軽に購入できます。スマホもしくはパソコンで注文するだけで、商品は自宅に届きます。日中仕事などでお店に行くのが難しい人でもおすすめです。もしピラセタムを通販で購入しようと思っているのであれば、コンディション21がおすすめです。業歴が長く、完全会員制になっているので安心して購入できるはずです。コンディション21ではピラセタム以外にも、いろいろなスマートドラッグを取り扱っています。自分の症状に合わせてマッチする薬を購入できます。LINEを使ってやり取りできるので、困ったことがあれば気軽に問い合わせられるのもおすすめの理由です。
食べ物やピラセタムも!記憶力アップのためにできること
記憶力というと試験など学校生活で重視される能力ですが、日常生活のあらゆるシーンでも必要な能力です。人の名前や顔を覚えるのにも記憶力が必要ですし、その他あらゆることが記憶を土台として成り立っています。ところが、悲しいかな、多くの人が年齢を重ねるほどに記憶力の低下を実感しているのが現実です。しかし、記憶力は何歳になってからでも高めることができます。もちろん若い人も努力と工夫次第で今よりも高い記憶力を手に入れることが可能です。

では、どうやって記憶力を高めることができるのでしょうか。それには、記憶力の良い人が何かを覚える時にどうやっているかを知るのが役立つでしょう。

記憶力の良い人というと、一度見ただけでパッと覚えてしまうというイメージがありますが、そうではありません。確かにそういう天才的な能力を持つ人も一部にはいますが、多くの記憶力の良いとされる人たちは、何度も繰り返して覚えます。逆に言うと、一度ですべてを記憶してしまおうと無理はしないということです。

人間の記憶には短期記憶と長期記憶があり、短期記憶から長期記憶へと定着させることによって初めて本当の知識となります。短期記憶とは、電話をかける間だけ電話番号を覚えるというような感じの記憶で、用事が終わればすぐに忘れてしまいます。一方、長期記憶として定着した記憶は、どんなに時間が経っても忘れることはありません。自分や家族の名前を忘れないのもそういうことです。

新しいことを記憶しようとしても、いっぺんに長期記憶として記憶することはできません。まずは短期記憶として一時的に覚えた情報を、何度も繰り返し思い出すことによって長期記憶へと定着させていく必要があります。ここで大切なのが、何度も繰り返し思い出すということです。記憶力の良い人とは、この何度も繰り返して思い出すということをとことんやっています。

一方、記憶力に自信がない人は、一度に覚えようとして覚えられないだけのことが多いのではないでしょうか。そんな人も記憶力の良い人がやっているように、何度も反復することを徹底すれば、意外と多くのことが覚えられることに気づくはずです。

人は、必要のないこと、興味のないことはすぐに忘れてしまいます。必要でもなく興味もないことまですべて覚えていたら頭がパンクしてしまいますから、これは本能的な記憶のメカニズムと言ってもよいでしょう。逆に言えば、その人に必要なこと、興味のあることなら、他の情報よりも覚えやすいということです。こういう例は日常さまざまな面で見ることができます。たとえば、幼い子どもが全国の駅名を大量に覚えていたりするような例です。

好き嫌いは仕方ないですが、なるべく興味を持てるように工夫することが記憶力を高めるうえでは大切でしょう。興味がないことでも覚えなければならないことはありますが(試験のための勉強など)、そのなかでも興味深い部分はないかと前向きに考えたり、勉強時間や問題の正答数をゲーム化したりなど、興味を感じるような工夫をしてみてはいかがでしょうか。

何かを記憶しようとする際、その対象に集中できていることが条件です。記憶力の良い人たちは、記憶することに集中できる人たちと言い換えてもよいでしょう。雑多な情報より限定された少数の情報の方が覚えやすいものですが、これもその方が集中しやすいからと言えます。

ですので、記憶力に自信がない方は、何かを覚えようとする時に注意が散漫になっていないかを振り返ってみてください。そして、散漫になっているなら何が原因なのかを考え、それを取り除くことから始めてみましょう。覚えることが多すぎるなら少数に絞る、環境が悪いなら静かで集中しやすい環境に移動するといった工夫でずっと記憶しやすくなるはずです。

記憶力の良い人たちがやっていることを真似してみると同時に、記憶力を高めると言われる食べ物もおすすめです。「これを食べるとすぐに記憶力がアップ」という魔法のような食べ物はありませんが、記憶と栄養素には密接な関係がありますので、良いとされるものは積極的に食べましょう。

記憶力アップに効果が期待できる食べ物としては、バナナがおすすめです。バナナにはビタミンB1と糖質が含まれているので、摂取したエネルギーを効率よく取り入れ、脳の働きへと変換することができます。また、食べやすいのもバナナの魅力です。お腹が減ってぼーっとした状態では覚えられるものも覚えられませんから、記憶力が必要な場面ではバナナを1~2本携帯しておくとよいでしょう。

サバやイワシなどの青魚もおすすめです。DHA(ドコサヘキサエン酸)という脳機能をアップさせる成分が豊富なので、日常的に食べるようにすると記憶力のアップにも効果が期待できるでしょう。

ほかにも記憶力アップに良いとされる食べ物はありますが、サプリメントやスマートドラッグにもそういう効果を持つものがあります。たとえばピラセタムなどは、脳機能の調整や記憶力向上によく利用される代表的なスマ-トドラッグです。ピラセタムは、通販サイト「コンディション21」にて購入できます。

カテゴリ一覧

ページトップへ
ラシックス通販&個人輸入・78ショッピング のご利用について

◎ラシックス・インデラル最安値

当社は会員制になります。
不特定多数に未承認薬を公開する事は日本の薬機法により禁じられています。
当社では日本の法律を順守し、ご利用頂けるお客様へ、商品のご紹介をさせて頂いております。

当社の商品をご覧いただくには 会員登録 (メールアドレス) をお願いいたします。

既に会員のお客様は、ログイン下さい。